社内インタビュー #7 Finance

社員紹介

社内インタビュー #7 Finance

ゴールまでの最短距離を見極め、最速でビジネスを成長させる。

Finance K.K

<プロフィール>
高知県出身、新卒から一貫してファイナンス業務に従事。外資系の金融機関でリスク管理、M&A、戦略、企画等を学び、その後は転職を重ねながら様々なスタートアップ・外資系企業の日本法人立ち上げに関わってきました。2016年7月に四番目の日本社員としてクレディセイフに入社、ファイナンスの責任者として、バックオフィスを統括しています。

※内容は取材当時のものであり、現在の所属・担当業務とは異なる可能性があります。


ーこれまでの経歴を教えてください

約20年間の社会人経験のうち、最初の10年間は、安定したグローバルな大企業で財務を担当し、以後いくつかの業種でファイナンスの責任者として立ち上げの会社で勤務してきました。 大学卒業後、保険業界でリスク管理に携わりました。保険会社はさまざまなリスクをバランスシートに抱えていまして、会社にとっての適切なレベルのリスクというものをさまざまな統計手法を駆使して分析してきました。当時働いていた会社が世界的な大企業で、積極的に世界各地から人材登用をしていたことから、運よく海外本社で働くチャンスをもらうことができ、そこではグローバルなファイナンスの一員として全世界グループレベルでのリスク管理、それを踏まえての戦略的なファイナンスリソースの分配を担当していました。勢いのある斬新な戦略を成功させるにはリスクを管理することが大切であること、リスクをしっかりと把握することで自社の可能性がより鮮明に見えてくるということをそこで学びました。クレディセイフの扱っている商品というのがリスク管理のツールでありますので、多くの転職を重ねた今、この業界に入ったことに縁を感じています。 
30代も半ばになると、安定した大きな会社を飛び出してみたいという気持ちがふつふつと湧いてきまして、これまで10年以上働いてきた保険業界を飛び出し、アパレル、eコマース、医療業界の立ち上げの会社に飛び込み、そして、昨年7月から信用業界に従事することになりました。それぞれの会社でファイナンスの責任者として、会社の資金繰り、予算、報告、アカウンティングを見てきました。

 

ーなぜクレディセイフで働こうと思いましたか?

私自身チャレンジが好きなので、チャレンジ精神旺盛なクレディセイフに強く惹かれました。勢いのある海外ベンチャー企業が、新しい与信管理のスタイルを日本に展開したい、それに伴い元気な力強いチームを日本に作っていきたいという話に強く共感を覚えました。会社の立ち上げの成功の秘訣は、私たちの知恵と情熱にあります。ファイナンス業務を通して、チームみんなの元気とがんばりに貢献したいと思いクレディセイフに入社しました。私は今までに多くの会社の立ち上げに携わってきましたが、どの案件も波乱万丈でドラマがあり、その分面白さがありましたが、今私が働いているクレディセイフの場合は、会社が個性的でチームのみんなに元気があふれている分、その面白さには又格別なものがあります。

 

ー日々の業務内容を教えてください

ファイナンス業務全般の管理監督が業務の基本です。日々の出納、資金繰り、帳簿の作成、予算の作成、予実の管理、月次の決算、年度の決算、連結。こういった一連の業務を通して、会社で資金が健全に流れていることを確認します。ガバナンスですね。次に、今現在のファイナンスリソースの分配が業務のより健全で力強い成長につながるものなのか分析し、それを踏まえて、力強い成長を後押しするような予算を作っていきます。

 

ー立ち上げからこれまでを振り返ってみての感想を教えてください

入社前から思っていたとおり、荒削りながら勢いがある面白い会社だと感じています。経営陣は、新しいことにチャレンジするベンチャー気質を持っており、納得すれば即OKが出ます。また、従業員も骨のある人が多く、特にテレセールスは新規開拓というプレッシャーのある仕事にも関わらず、会社を好きな人が多く、毎朝元気に働いている姿を見て、私も刺激を受けています。その元気を最大限発揮させて、Profitable Growthを生み出す力強い組織にしていくのかというのがファイナンスの腕のみせどころだと思っています。 
立ち上げからの一年で日本市場にしっかりとした存在感を示すことが出来たと思います。既にリピーターも多く、当社のサービスはお客様のハートをつかんできたと思います。これからは、市場により深く、広く展開するための方策を考えていきたいと思います。

 

ー今後の目標をお願いします

当社が扱っているのはデータベースです。規模の経済が働く典型的なビジネスモデルなので、利益を上げるには規模を大きくしていくしかありません。より早いタイミングでいかにたくさんの人に当社のサービスを利用していただくかが重要です。お客様からの要望や叱咤激励を日々のサービスの改善につなげ、その改善が新たなお客様のニーズを喚起するといった成長ループを最速のタイミングで作っていきます。そして、全従業員が元気に楽しく働ける会社にしていきます。

クライアントの一例(全世界:10万社、国内:2,000社超)

Nestle
SAP
BMW
Panasonic
Hitachi