基本的な与信管理の意味
与信管理

与信という言葉の意味

Chapter 1

与信とは?

与信とは、文字通り、信用を与えるという意味です。

相手が代金をしっかり支払ってくれることを見越して、支払前に商品を納品すること。それが互いに信用を得て取引する=与信がある、という意味を表しています。

企業間取引では、商品やサービスを先に納品し、後日支払いをしてもらうことが一般的で、これを「信用取引」といいます。

 

すべての取引を前金でもらえれば与信の必要なし。ただ現実的には難しい。

 

企業間取引はその特性上、商品を渡してから代金を受け取るまでにどうしても時間を要してしまい、取引先の倒産などの理由で資金回収不可となる「リスク」があります。

信用取引を行う場合には、損失につながるリスクを抑えるために「与信管理」を行うことが必要です。

 

Chapter 1

与信管理とは?

与信管理とは、信用取引において発生しうるリスク被害を抑制することです。

具体的には、代金回収ができなくなるリスクをできる限りなくす、もしくは損失金額をおさえることを指しています。

契約を交わす前に、相手企業の経営状況などを評価し、安全な信用取引を行うとことができるかの判断、また既存の信用取引を行っている企業の情報収集を継続的に行い取引金額の限度を設定することが与信管理にはかかせません。

記事はお役に立ちましたか?シェアいただけたら嬉しいです!