「海外取引のはじめかたと知っておくべきリスク管理」PDFを依頼する(無料)

※PDFの提供は法人限定

必須項目!
必須項目!
必須項目!
必須項目!
必須項目!

当社からの国内外の与信管理に関するニュースやサービス案内のメールマガジンを送付いたします。配信はメール下部よりいつでも停止することができます。

はい、クレディセイフからのニュースを受け取ります。

送信することでプライバシーポリシーに同意したこととみなします。

お客様情報を他のビジネスと共有することはありません。

海外取引のはじめかたと知っておくべきリスク管理

 

海外企業との取引前に知っておきたい実務とノウハウ

新たに海外取引を検討している企業や、代理店経由でなく直接取引をはじめる企業がこれまでにないスピードで増えています。

ただし相手企業のことを充分に知らないまま取引開始してしまうと、思わぬ落とし穴にはまることも。
日本の常識が通用しない、海外ならではの商習慣も依然として多く存在します。
与信管理コンサルタントとして、数多くの講演実績を持つ当社代表、牧野和彦のノウハウを初心者の方でも分かりやすいように基礎からまとめました。

貴社の海外取引にお役立てください。

PDFファイルをご希望のお客様は上記の「PDFを依頼する」のボタンをクリックしてお申し込みください。

与信管理における営業担当者の役割~どの会社でもできる有効な手段とは~ 倒産件数は近年減少したといわれていますが、それでも年間8,000件以上発生しています。その大半が、債権回収がしにくい破産であるため、「取引先の経営状況をいち早く察知して、対策を講じること」が非常に重要です。得意先との距離が近い営業担当者がその役割を担うことで、損失を最小限に抑えることができます。本コンテンツでは、営業担当者や与信管理の初心者にとって必要性が高い項目のみをまとめました。与信管理を考えるきっかけとして、ぜひご一読ください。

目次(一部抜粋)

●海外取引における国際物流の流れとは~海上輸送~

●海外取引の代表的な支払条件~Advance PaymentとL/C~

●海外取引に特有の貿易条件とは

●契約時にできるリスク管理(契約書のサンプルあり)

●海外取引に利用できる二つの保険とは~貿易保険~

●訴訟に踏み切る前に検討すべきこと~海外弁護士の選び方~

●海外では一般的。コレクション・エージェンシーとは

●取引先の信用調査は海外与信管理の基本

●機密性の高い情報が手に入るトレード・レファレンス

クライアントの一例(全世界:10万社、国内:2,000社超)

Nestle
SAP
BMW
Panasonic
Hitachi