国内企業情報レポート | クレディセイフ企業情報
国内企業情報レポート

国内レポートをサブスクリプション(見放題)で

機械で取得できる情報は一括取得、信用調査は人が丁寧に行う、ハイブリッド型の調査手法を採用しています。

※初回限定キャンペーン(法人のみ、当社ユーザー不可)

国内企業レポート

新規取引や契約更新の際に、その取引先はきちんとした資本背景がある企業か、支払い振りは問題ないかなどを把握する必要があります。 

 クレディセイフでは、全国640万件、460万社の企業情報レポートを、サブスクリプション(閲覧し放題)で提供し、日本企業の与信管理をサポートします。取引判断に欠かせない会社概要・財務情報・株主情報などが記載されたレポートを24時間365日、オンラインでレポート取得可能です。

信用格付け&与信限度額

財務情報

取締役情報

調査担当による所見

他社比較で見た場合、クレディセイフの信用格付けは客観的な判断によって算出されており、人が介入することがないことが大きな特徴です。

本来のあるべき姿は、相手先企業から決算書や事業報告書をもらってじっくりと経営分析、取引判断することですが、多忙な経営者、審査担当者にはそのような余裕はありません。当社の信用格付け、与信限度額を有効活用することで、他の重要な業務に取り組むことができます。

Scores & Limits

公的機関に提出されている情報や、電話調査を通じて財務情報を入手します。取得した財務情報は最大3期分まで収録、以下が含まれています。

  • 貸借対照表
  • 損益計算書
  • 主要な財務比率
Financial Data

特に中小企業に対する与信では、取締役情報も見る必要があります。今後のビジネス展望はもちろん、不測の事態に陥った際の資産背景の確認も欠かせません。

※詳細項目は代表権を持つ方のみ

  • 氏名
  • 生年月日
  • 国籍
  • 就任日
  • 他社の取締役兼任状況
Officer Information

新規調査(FI: Fresh Investigation)をした場合に限り、専任の調査担当による所見が付きます。

これには、取材への協力状況や事業内容(当該企業の強みなど)のほか、取引のある金融機関の借り入れ状況や数値では表せない、直近の業績に至るまでの経緯や今後の展望などが記載されています。

Invoices & Payments
信用格付け&与信限度額
財務情報
取締役情報
調査担当による所見

レポートで入手できる主な情報

信用格付け(スコア)

今後12ヶ月間における倒産の可能性を客観的に予測しスコアとして算出

会社詳細情報

資本金、設立、創業、代表者、従業員数など、 企業の概要を把握する上で必要な情報を記載

財務情報

公的機関に提出されている情報や 新規調査を通じて財務情報を入手します。 取得した財務情報は最大 3 期分まで収録

取締役情報

過去から現在にかけての取締役の情報を確認可能

与信限度額

多忙な経営者、審査担当者当社の与信限度額を有効活用することで他の重要な業務に取り組むことがで きます

企業系列

最上位持株会社の企業情報、資本関係のある関連企業などを記載

データの入手元は?

公的機関や関係会社から様々な情報を収集

Scoring Model

スコア算出の根拠となるデータは、行政機関や登記所などの公的な情報源と、クレディセイフが独自に調査した企業データベースから行われています。

大手信用調査会社では1人の調査員が1社の信用調査レポートを作成しますが、弊社の場合は分業体制を取っており、一括で取得できる情報は機械に、人でしかできない細かなヒアリング調査は人に、とハイブリッド型の信用調査を行っています。

クレジットスコア

倒産リスクを均一化、与信管理に欠かせない評価手法

スコア

今後12ヶ月間における倒産の可能性を客観的に予測しスコアとして算出以下の5段階で記載しています。 

  • 71-100 - 非常に低いリスク
  • 51-70 - 低いリスク
  • 31-50 - 中程度のリスク
  • 0-30 - 高リスク
  • E - 評価なし

細かな変化をキャッチできるモニタリング

モニタリングサービスを利用すれば、ビジネスで欠かせない些細な変化を見逃すことはありません。 細かく条件設定することで、本当に必要な情報だけが届くようにできます。

International Alerts

企業情報のアップデート

気になる企業をあらかじめ登録しておくことで、変更内容をメールでお知らせします。

多彩なモニタリング条件

スコアの変動幅など、アラート条件を細かく設定することができます。

リスト抽出

更新された情報含め、登録したポートフォリオ全体を抽出することができます。

得意先の調査レポート、チェックできていますか?

定期的な与信を取る。これが一番の与信管理です

企業レポートを依頼する(1社分無料)

※初回限定キャンペーン(法人のみ、当社ユーザー不可)

よくある質問

信用格付けとは何ですか?

クレディセイフの信用格付け(スコア)は、向こう12ヶ月以内に企業が倒産する可能性を予測しています。他社でいうところの「評点」と同じ考えです(算出プロセスはまったく異なります)。

新規調査とは?その方法は?

原則として弊社調査スタッフが電話で、代表者や財務部門の責任者に直接取材を実施します。

そのほか商業登記簿や官報公告等の「公的情報」やホームページ等の「公開情報」の収集をはじめ、弊社独自の手法による調査を並行して実施しています。

レポートの情報源は何ですか?

商業登記簿や官報公告などの「公的情報」やウェブサイトや業界情報などの「公開情報」の収集をはじめ、弊社独自の調査担当による直接調査で得た情報をもとにレポート作成を行っております。

信用格付けはどのように算出されますか?

弊社の信用格付けは、経済的および業界的要因などを考慮した、150以上もの変数を元に統計学手法を用いて算出しています。例を上げると短期的な資金繰りや、投入資産効率、利益確保、安全性分析、定性・定量情報など業績変動の動向・幅などを多角的に分析しています。

新規調査はどのような場合に依頼すべきですか?

情報は常に変化するため、クレディセイフでもすべての企業について常に最新の情報を保管していることは困難です。お探しの企業がデータベースで見つからない場合、新規調査をかけ5-10営業日以内に最新の詳細なレポートをお届けします。

レポートを依頼してから受け取るまでどのくらいかかりますか?

原則、オンラインで即時提供しています。 オンラインで見られる企業情報レポートがない場合や情報が古い場合には、新規調査が可能です。企業に直接連絡を取り、5-10営業日で詳細なレポートを作成します