営業担当者のための与信管理ハンドブック

今日から実践できる営業視点の与信管理

※PDFの提供は法人限定

倒産件数は近年減少したといわれていますが、それでも年間8,000件以上発生しています。

その大半が、債権回収がしにくい破産であるため、「取引先の経営状況をいち早く察知して、対策を講じること」が非常に重要です。得意先との距離が近い営業担当者がその役割を担うことで、損失を最小限に抑えることができます。本コンテンツでは、営業担当者や与信管理の初心者にとって必要性が高い項目のみをまとめました。

与信管理を考えるきっかけとして、ぜひご一読ください。

PDFファイルをご希望のお客様は上記の「PDFを依頼する」のボタンをクリックしてお申し込みください。

目次

【PDF版】営業担当者のための与信管理ハンドブック

Seminar

10分で読破!営業担当者が知っておくべき与信管理    

変化の早い昨今では、営業担当者が取引先を見極める目を持つことが、貸し倒れを防ぐ最も有効な対策といえます。

そこで、営業担当者に必要な与信管理の視点をわかりやすく体系的にまとめました。

ご自身の知識力強化や、新人営業研修の教材に、ぜひご活用ください。

 

目次

  • はじめに-なぜ与信管理を行う必要がある?
  • 与信管理を行わないとどうなる?
  • 与信管理の考え方
  • 海与信管理の流れ
  • まとめ-与信管理の効果

クライアントの一例(全世界:10万社、国内:2,000社超)

Nestle
SAP
BMW
Panasonic
Hitachi