Vol.5 信用調査会社を活用して与信管理を万全に!

営業担当者のための与信管理

今日から実践できる営業視点の与信管理

※PDFの提供は法人限定

Vol.5 信用調査会社を活用して与信管理を万全に!

第三者視点の重要性

営業担当者の視点のみでは、感情的な要素もあり、客観的な判断ができないこともあります。

例えば、同じ担当者同士で長い期間取引を継続していれば、情が湧くのは致し方ありません。

そのため、定期的に第三者の視点を取り入れ、営業担当者の報告と比較をすることで、客観的な判断を行うことができます。


最も手軽に第三者の視点を取り入れることができる手法が、信用調査会社を利用することです。

信用調査会社からは、ストックしたデータを取得や、新たに調査を依頼して最新のレポートを取得することができます。

信用調査会社のレポートには、客観・主観両面で活用できる情報が網羅されています。

加えて、信用調査会社が独自に算出した信用状態を判断するための、分かりやすい指標(クレディセイフ企業情報ではスコアおよび与信限度額)を示しています。

コンスタントに信用調査レポートを取得することで、確認するべきポイントが明確になり、営業担当者のモニタリングの精度向上にもつながります。

 

【当社レポートのイメージ】

クレディセイフ企業情報が提供しているレポートには、倒産確率を踏まえたスコアを表示しており、一目でその会社が与信をしてよいかどうかがわかる画期的なレポートです。

【PDF版】営業担当者のための与信管理ハンドブック

Seminar

10分で読破!営業担当者が知っておくべき与信管理   

変化の早い昨今では、営業担当者が取引先を見極める目を持つことが、貸し倒れを防ぐ最も有効な対策といえます。

そこで、営業担当者に必要な与信管理の視点をわかりやすく体系的にまとめました。

ご自身の知識力強化や、新人営業研修の教材に、ぜひご活用ください。

 

目次

  • はじめに-なぜ与信管理を行う必要がある?
  • 与信管理を行わないとどうなる?
  • 与信管理の考え方
  • 海与信管理の流れ
  • まとめ-与信管理の効果