Vol.7 新規・既存取引によって変わる与信管理の流れ

営業担当者のための与信管理

今日から実践できる営業視点の与信管理

※PDFの提供は法人限定

Vol.7 新規・既存取引によって変わる与信管理の流れ

フローチャートで流れを理解しよう

与信管理の流れや必要書類などは、与信管理規定に基づいて設定されています。

与信管理の局面によって流れは変わりますが、決定事項は同じです。

与信管理の流れは、企業によって異なりますが、下記のフローチャートのような流れで行う企業が多く見られます。

 

【与信管理フローチャート】

与信管理のフローチャート。これを抑えれば正しく与信管理を行うことが出来る。新規取引 or 既存取引にわかれ、新規取引では、【社内申請書類作成】与信取引申請書、取引先情報シート作成。【取引先情報収集】 会社案、 担当者の名刺コピー、商業登記、決算書。【信用調査報告書取得】帝国データバンク、東京商工リサーチ、クレディセイフ企業情報※いずれか一つを取得。既存取引では、【取引見直申請】与信取引申請書、与信限度額変更申請書。【信用調査報告書取得】帝国データバンク、東京商工リサーチ、クレディセイフ企業情報※毎年3月、いずれか一つを取得 どちらも調査報告書を取得し、格付け判断を行う。A・B・Cで取引を判断。判断材料が足りなければ追加資料を取得する。もちろん取引不可のものも出てくる。与信限度額の設定も忘れずに行う。

【PDF版】営業担当者のための与信管理ハンドブック

Seminar

10分で読破!営業担当者が知っておくべき与信管理   

変化の早い昨今では、営業担当者が取引先を見極める目を持つことが、貸し倒れを防ぐ最も有効な対策といえます。

そこで、営業担当者に必要な与信管理の視点をわかりやすく体系的にまとめました。

ご自身の知識力強化や、新人営業研修の教材に、ぜひご活用ください。

 

目次

  • はじめに-なぜ与信管理を行う必要がある?
  • 与信管理を行わないとどうなる?
  • 与信管理の考え方
  • 海与信管理の流れ
  • まとめ-与信管理の効果