与信管理規定

国内・海外の与信管理ルール策定支援

管理部門に留まらず、営業部門や経営者を巻き込んで規定作りをサポートします

与信管理規定はありますか?十分に活用できていますか?

与信管理を行ううえで欠かせない与信管理規定。管理部門だけの話だと思っていませんか?

私たちはこのルール策定を、営業部門や経営者も巻き込むべき「経営課題」だと認識しています。

取引額が1,000万円の企業A社と、10万円の企業B社を同じルールで管理することは非合理です。また慣例に従って数年前に策定したルールを使い続けることも好ましくありません。年に1度で結構です、必ず見直すことをお勧めしています。

クレディセイフでは与信管理コンサルタントとして20年以上のキャリアを持つ牧野和彦を中心に貴社の規定作りをサポートいたします。

与信管理規定

与信管理規定で考慮すべきポイント

部門横断

管理部門だけでなく他部門を巻き込み「自分事」として認識させる

ポートフォリオ

焦付きゼロを目指すことは重要。ただしそれ以前に重要取引顧客を見定める

数字への理解

100万円の焦付きを取り返すための売上はいくらか。全員に理解してもらう

フローチャート

あらゆる事態を想定し、どうしていいかわからないを無くす

悩む前にぜひ一度ご相談ください

与信管理規定策定に関して、経験豊富なメンバーが応対いたします