韓国アドバンスレポート

韓国アドバンスレポート

圧倒的な情報量を誇るレポートで、韓国企業との与信取引を強力にバックアップします。

アドバンスレポート

財務入手可否の事前確認可

公的機関や金融機関からの財務情報や支払い情報に加え、専門アナリストによる経営分析・財務分析などのコメントを記載

レポート提供情報

会社詳細情報

財務情報

アナリストコメント・分析

株主情報

取締役情報

関連会社

訴訟情報

支払い延滞情報

サプライヤー情報

支払い延滞情報

信用情報で延滞情報・金融圏における信用不安情報・非金融圏における信用不安情報などの支払いに対する遅延情報や買掛債務情報の確認が可能

payment

10日以上(短期)の延滞情報

短期延滞情報は、金融機関で10日以上の延滞が発生した場合に記載されます。(最大5件まで記載)

金融圏における信用不良情報

信用度判断情報には、一般的に金融機関に対する債務を3ヶ月以上延滞した場合に記録される延滞情報、企業の債務を保険会社などの保証人が代わりに支払った際、記録される代位弁済情報、不渡り情報などが含まれます。(最大5件まで記載)

非金融圏における信用不良情報

信用調査会社提供の信用度判断情報には、企業間の商取引で発生する債務不履行(買掛債務の未払い、賃貸料延滞など)が記載されます。(最大5件まで記載)

 

訴訟情報

DART情報や上場企業のIR資料に加えて、訴訟履歴やネガティブ情報などをデータベースとして収集し、そこから倒産確率を算出しレポートの評価としています。

sanctions-search

 

アナリストコメント・分析

過去3年間の数値と比較分析

産業分析

当該企業の業種に対する、主要財務(総資産、総資本、売上高、営業利益、純利益)と財務比率(売上高営業利益率、総資本純利益率、負債比率、流動比率、売上高増加率)の過去3年間の産業平均を推移分析とし記載

様々業界
収益の分析

収益性分析

売上高営業利益率

ー企業の営業成果である売上高と営業利益を比較した指標で、この指標が高ければ高いほど同じ売上高でも収益が高く営業活動の能率が高い

利子補償率

ー 企業の営業活動の成果と言える営業利益と企業が外部で調達した資金に対する費用である金融費用を比較した指標で、高ければ高いほど企業の営業活動を通して借入金の元金および利子を償還できる能力が高い

総資本純利益率

ー 企業が保有している資産と企業が得た純利益を比較する指標で、会社が保有して いる資産がどれほど効率的に利用されているのかを表す

EBITDA対売上高

ーEBITDAは、営業利益で現金が使われない減価償却費および無形資産償却費を合算した金額で、営業活動キャッシュフローが代替指標として使われる。この比率が高ければ高いほど売上高対比、入ってくる現金が多く、良好である

安定性分析

借入金依存度

ー企業が保有している全体的な資産と企業が償還しなくてはならない借入金の大きさを比較した指標で、この比率が高ければ高いほど債務負担が高いことを意味する

負債比率

ー資産の源泉である他人資本(負債)と自己資本の額を比較した指標で、負債比率が高ければ高いほど負債に対する償還負担が高いことを意味し、財務構造が劣位である

流動比率 

ー企業が保有している資産の内、1年以内に現金化することができる流動資産と1年以内に償還しなくてはならない流動負債の大きさを比較した指標である。企業の短期的な支払能力を評価する指標で、この値が高ければ高いほど企業の短期支払能力が良好である

非流動長期適合率

ー非流動資産は、営業活動を通した現金化に時間がかかるため、購入時、非流動負債および自己資本など短期償還義務が小規模の資金で調達しなくてはならない

  

資金の動き
成長性の分析

成長性・活動性分析

売上高増加率

ー売上高が前年比どれほど増加したのかを表す指標

総資産回転率

ー 売上高を資産総計で割った値であり、投資された資本がどれほど効率的に活用されているのかを表す指標。値が高いほど良好と言える

純利益増加率

ー 純利益が前年比どれほど増加したのかを表す指標

売上債権回転率

ー 売上高を年間平均売上債権額で割った値であり、高いほど対象企業が保有する売上債権がスピーディーに現金化されていることを表す

韓国企業の調査はお任せください

まずはサンプルレポートご覧ください。

クライアントの一例(全世界:11万社、国内:2,600社超)

Nestle
/content/dam/global/logos/volvo.png
HIS
BMW
Panasonic
Hitachi