台湾進出で知っておきたい商習慣・経済情報
ビジネス

台湾進出で知っておきたい商習慣・経済情報

3 分

世界一の親日国として知られる台湾は、実は世界で最も早く少子高齢化が進む国といわれており、2017年の国連の調査によると、日本の出生率が1.43に対し、台湾は1.13と圧倒的に低く、日本の1.6倍という驚異的なスピードで少子高齢化が進むといわれています。

古くから中国や東南アジア、日本、韓国を結ぶアジアの中継地として貿易によって発展してきた経緯があり、名目GDPに対する輸出金額比率は6割を超えています。

主な貿易品目は、PCやモバイル端末などの電機・電子機器や半導体、精密機械などで、日本の九州ほどの国土に、IT、ハイテク関連産業が数多く集積しています。

2016年にシャープを買収した鴻海精密工業を筆頭に、HTC、ACER、ASUSなど、台湾の企業が、国内のみならず世界でも存在感を示しています。

 

そのような台湾へ進出したい、台湾企業と取引をしている方向けに、経済に特化した情報を共有いたします。

Chapter 1

基礎から学ぶ台湾の経済情報

台湾の基礎情報

  • 公用語: 中国語,台湾語,客家語等
  • 主要都市:台北,台中,高雄
  • 人口:2,359万人(2018年)
  • 国土面積:約3.6万km²(日本の九州とほぼ同じ大きさ)
  • GDP(名目):5,894億 USドル ※2017年(日本は4兆8,721億 USドル)
  • 1人あたりGDP(名目) :約2万5,048 USドル ※2017年(日本は3万8,440 USドル)
  • 通貨: 台湾元(ニュータイワンドル)(NT$)
  • 宗教: 仏教,道教,キリスト教
  • レポート保有件数:約140万件
  • 主要産業:電子・電気,化学品,鉄鋼金属,機械
  • 祝日:12日

2017年のJETROの調査によると、日本と台湾の主な貿易品目は下記の通りとなっており、日本の貿易黒字が続いています。

対日貿易の主要品目(構成比):2017 年

日本の輸出: 機械および電気機器、化学工業品、卑金属および同製品

日本の輸入: 機械および電気機器、卑金属および同製品、プラスチック・ゴムおよび同製品

(単位:100万ドル)

出所:台湾財政部統計処よりジェトロ作成

Chapter 1

台湾企業の財務情報は上場企業のみ入手可能

台湾では、上場企業のみに決算書の開示義務が課されており、その他の企業には開示義務がないため、一般企業の財務情報入手は困難になっています。

決算期は12月の企業が多く、上場企業の場合は、原則6カ月後に決算書が入手可能になります。

クレディセイフでは、様々な公的機関、および現地の有力なパートナーから情報を入手し、オンラインレポートを作成しています。

Chapter 1

台湾企業の売上高トップ5 ※Forbes Global 2000より

※2019/6/28時点、売上高は百万ドル、日本円は110円換算

5位 CTBC Financial(銀行)

売上高:$16,700M(1兆8,370億円)

4位 Fubon Financial(金融)

売上高:$21,900M(2兆4,090億円)

3位 Cathay Financial(保険)

売上高:$28,900M(3兆1,790億円)

2位 Taiwan Semiconductor(半導体製造)

売上高:$34,200M(3兆7,620億円)

1位 Hon Hai Precision(電子機器製造)

売上高:$175,600M(19兆3,160億円)

記事はお役に立ちましたか?シェアいただけたら嬉しいです!