制裁リストについて知っておくべきこと
コンプライアンス

制裁リストでどうアクションすべきか?

金融制裁リストは、世界中の金融犯罪を防ぐために作られ、政府は、制裁リストに載っている人物や組織との取引を制限・禁止しています。

そのため、制裁リストについて学び、あなたのビジネスにどのような影響を与えるのかどうかを十分に理解しておくことが重要です。

 

制裁リストの疑問に答え、適切なスクリーニング方法についてご説明します。

Chapter 1

制裁リストとは?

sanctions-lists

金融当局および政府機関は、企業がさまざまな犯罪資金やテロ活動に関与している人物との取引やビジネスを防止するために世界中で制裁リストをもっています

 

制裁チェックを行う際に注意しなければならないのは、制裁リストに掲載されている個人のチェックだけではなく、国や業種に関する情報にも目を向ける必要があります。

制裁リスト対象の個人や国などは、世界中のテロ対策体制とマネーロンダリングを禁止するための財政的制約を受けています。

【コンプラ・ブログ】上・無料コンプライアンスバナー
Chapter 1

制裁リストに載るとどうなるのか?

Sanction check

簡単に言えば、政府・国際機関が規制または禁止を行うのに十分と判断されるような違法行為に関与した場合、制裁リストに掲載されます。

 

制裁リストの種類は、さまざまなものがあります。たとえば、業界内では取引が行える相手だとしても、他の業界からの取引が禁止されていることもあります。

 

個人に対する制裁は、国外への出国禁止、銀行口座の凍結のほか、特定の国を対象に、武器輸出禁止、他国との貿易を禁止する規制などさまざまですので、自社ビジネスに関わる規制内容を慎重に確認することが重要です。

 

制裁の原因となる可能性のある犯罪行為には、以下が含まれます(※一例)。

  • テロ活動とテロリストへの資金提供
  • 武器および武器の製造(または資金調達)、取引
  • 人権侵害
  • マネーロンダリング
Chapter 1

制裁リストは誰が管理しているのか?

各国の政府機関やそれに準ずる機関がそれぞれのフォーマット、言語で日々更新をしています。

 

制裁リストには次のものが含まれます。

  • UK sanction list – 英国の統合制裁リスト。政府機関によって提供されています
  • EU sanction list – 欧州連合の統合制裁リスト
  • OFAC sanctions list – 米国の制裁リスト。財務省の外国資産管理局が管理
Chapter 1

制裁国とは何ですか?

既に述べたように、取引を避ける必要があるのは個人や企業だけではありません。 国や地域全体から禁止することもできます。 これは国によって異なりますが(たとえば、EUと米国の制裁リストにはいくつかの違いがあります)、日本の制裁対象国には以下が含まれます。

  • 北朝鮮
  • コンゴ民主共和国
  • スーダン
  • イラン
  • ソマリア
  • リビア
  • シリア
  • ロシア等
  • 中央アフリカ
  • イエメン
  • 南スーダン
  • マリ共和国
  • タリバーン関係者等
  • テロリスト等
  • イラク

これらの国の制限は、外国為替および外国貿易法等に基づき講じられています。 国ごとに異なるルールと規制があり、ビジネスを行う前に注意する必要があります。

最新の状態を維持するには、クレディセイフのPEPsおよび制裁チェックを使用するか、各国政府機関のウェブサイトにある更新されたリストをチェックする方が効率的です。

日本の場合、経済産業省の制裁関連ページに記載されています。

Chapter 1

制裁リストに載っている人物/企業を確認するにはどうすればよいか?

制裁リストは誰もがチェックできるよう、オンラインで確認することが可能です。 

Sanction screening

そのため、ほとんどの企業は、これらのデータをまとめてオンラインで瞬時にチェックし、制裁チェックを最新の状態に保つことができるツールを使用することを選択します。

クレディセイフのコンプライアンスサーチはまさにこれを実現し、即座に検索結果を返すだけでなく、モニタリングしている企業に何か変更があった場合にはアラートを発することができます。

制裁チェックは、ビジネスと評判を保護するだけでなく、金融犯罪のさらなる拡散を防ぐのに役立ちます。

 

サービスはオンライン上で完結することができ、制裁情報がなかった場合にも検索結果をキャプチャ(印刷)、保管することで制裁リストチェックをしたという証拠にもなります。

1件でしたら無料でご案内できます、お気軽にご連絡ください。

【コンプラ・ブログ】下・無料コンプライアンスバナー

簡単コンプライアンスチェック

\実際のレポートをご覧いただけます/

記事はお役に立ちましたか?シェアいただけたら嬉しいです!