Vol.3 海外取引における国際物流の流れとは~航空輸送~

海外取引のはじめかたと知っておくべきリスク管理

海外企業との取引前に知っておきたい実務とノウハウ

※PDFの提供は法人限定

Vol.3 海外取引における国際物流の流れとは~航空輸送~

船に比べ飛行機の場合はスピードは速いがコストも高い

前回は、海上輸送での輸出について取り上げた。

今回は、航空輸送での輸出について見ていこう。

 

(1)貨物の集荷と積み下ろし

荷主の依頼に基づき、フォワーダーが貨物の集荷をして、自社の倉庫に積み下ろしをする。

 

(2)検量及びラベリング

貨物の検量、検尺を行い、Air Way Bill(航空貨物運送状)を貼付する。

 

(3)輸出申告及び輸出許可

輸出申告については、フォワーダーが代行してくれる。問題がなければ、輸出許可が下りる。税関検査となると余計に日数がかかる。

 

(4)ULD組み付け及び航空会社へ搬入

航空機に載せるため、貨物は、ULD(Unit Loading Device)に組み付けられる。その後、貨物は航空会社へ搬入される。

 

(5)フライト

事前にスペースを確保した航空機に載せられて輸送されます。

海上輸送との違いは、何といってもスピードである。海上輸送の場合、コンテナでも5日程度、混載貨物だと6日程度かかる。

航空輸送の場合、集荷からフライトまで2-3日で終わってしまう。もちろん、その分、コストは高くなる。

 

※出典: ナレッジマネジメントジャパン株式会社 ウェブサイト(牧野和彦著)

【PDF版】

海外取引のはじめかたと知っておくべきリスク管理

Seminar

顔の見えづらい相手だからこそ、しっかりとした情報武装を

リスク管理の観点から海外企業と取引をはじめる際のポイントを初心者の方でも分かりやすいように基礎からまとめました。

ぜひ貴社の海外取引にお役立てください。

 

目次(一部抜粋)

  • 海外取引の代表的な支払条件~Advance PaymentとL/C~
  • 契約時にできるリスク管理(契約書のサンプルあり)
  • 海外取引に利用できる二つの保険とは~貿易保険~
  • 海外では一般的。コレクション・エージェンシーとは
  • 機密性の高い情報が手に入るトレード・レファレンス