Vol.20 裁判以外の解決策~ADRという選択肢~

海外取引のはじめかたと知っておくべきリスク管理

海外企業との取引前に知っておきたい実務とノウハウ

※PDFの提供は法人限定

Vol.20 裁判以外の解決策~ADRという選択肢~

ADRという言葉をご存知ですか?

ADRとは、Alternative Dispute Resolution (裁判外紛争処理)のことで、裁判によらない紛争の解決策を指す。

具体的には、和解、仲裁、調停、斡旋などがある。海外取引で最もよく使われるのが、Arbitration (仲裁)である。

 

仲裁の場合は当事者双方に対する強制力が認められている。

裁判ではなく、仲裁を活用するには契約書にその旨を定めた仲裁条項を記載しておく必要がある。

契約当事者は紛争解決の手段として、裁判か仲裁のどちらかを事前に選択することになる。

もうすでに紛争が起こっているものについては、紛争の解決方法に仲裁を採用する旨の仲裁合意をする必要がある。

 

参考までに一般社団法人日本商事仲裁協会の商事仲裁規則により仲裁を行う場合の推奨仲裁条項を下記に記す。

"All disputes, controversies or differences which may arise between the parties hereto, out of or in relation to or in connection with this Agree­ment shall be finally settled by arbitration in (name of city), Japan in accordance with the Commercial Arbitration Rules of The Japan Com­mercial Arbitration Association."

 

「この契約からまたはこの契約に関連して、当事者の間に生ずることがあるすべての紛争、論争または意見の相違は、(一社)日本商事仲裁協会の商事仲裁規則に従って、日本国(都市名)において仲裁により最終的に解決されるものとする」   



ADRの仕組みを図解。仲裁の合意を得るところから始まり、仲裁の申立て、仲裁人の選任、審理手続きを経て、仲裁判断がくだされる。仲裁判断は、国際的強制力がある。

※出典:「海外取引の与信管理と債権回収」(牧野和彦著、税務経理協会刊)