Vol.28 海外取引におけるメールでの催促で最も大切なこと

海外与信管理入門

これだけは知っておきたい海外与信管理36のポイント

※PDFの提供は法人限定

Vol.28 海外取引におけるメールでの催促で最も大切なこと

遅延期間に応じて内容を使い分けることが重要

メールによる督促で大切なのは、遅延期間に応じて内容を使い分けることである。

遅延期間が数日程度と3カ月では、当然、記載する内容はもちろん、語調も変わってくるはずだ。

 

ところが、数日の遅延にも3カ月の遅延にも同じようなフレーズで、同じような語調で督促している企業が少なくない。

どうしても、言語が英語であることもあり、微妙なニュアンスの様で意識していないケースが多い。

そのためにも、遅延期間に応じた複数の英文督促メールをあらかじめ用意しておくことが望ましい。

もちろん、全ての取引先に同じ内容のメールを送るわけではないが、テンプレートがあることで、メール作成の時間も短縮できる。

また、組織として督促ツールを共有することで、全社で一貫した債権回収体制を構築することもできる。

 

また、英文の督促メールで大切なのが、期限を区切ることである。

期限については、文書に限らず、電話でも、訪問でも当てはまる。

意外に間違って使われているのが、このフレーズである。

 

As soon as possible

Immediately

 

「できるだけ早く」「直ちに」とは一見、督促に向いたフレーズのように感じるかもしれないが、これではダメだ。

なぜなら、人によっては速度感に差がある。

今日ができるだけ早いと思う人もいれば、明日だと思う人もいる。

こうした速度感の差をなくすためにも、下記のようなフレーズが望ましい。

 

by May 27, 2011

 

督促メールにおいては、こうした細かいポイントが重要な役割を果たすのだ。

【PDF版】海外与信管理入門

当社代表・与信管理コンサルタントの牧野和彦の長年の与信管理ノウハウを詰め込んだ「海外与信管理入門書」を用意しました。

これだけは知っておきたい海外与信管理36のポイント

業界の第一人者であり、当社代表でもある牧野和彦が海外与信管理について、わかりやすく解説しています。

「既に海外取引を行っているが、与信管理が正しくできているか分からない」

「これから海外取引をはじめるにあたり、参考となるものが欲しい」

このようなお悩みをお持ちの方へ、本コンテンツをぜひご一読ください。

 

目次(一部抜粋)

  • 日本企業が陥りやすい海外取引の過ち
  • 海外与信管理では一般的な商習慣、信用照会
  • 海外取引先の分析~5C's of Credit~
  • 海外取引における危険な兆候
  • 外国人弁護士起用の注意点
  • 海外の取引先が倒産したら