Vol.17 当該企業の過去の履歴や系列情報から、取引先を俯瞰する

海外与信管理入門~これだけは知っておきたい海外与信管理36のポイント~

※提供は法人のみ

過去の履歴1~2年間分の閲覧

Creditsafe(以下、CS)のレポートには、信用格付けと与信限度額の過去の履歴が1~2年間分程度表示される。

格付けと限度額の変化を見ることで、調査対象企業の信用リスクの変化がわかる。

急激な格付けの低下や、与信限度額の減少は、短期間での信用リスクの悪化を意味するので、注意したい。

 

一般的な企業情報レポートと違い、CSの系列情報には、信用格付け、与信限度額、売上などが記載される。

また、調査対象企業が新設企業や外資系企業の場合、企業情報レポートの情報量が少ないことが多い。

 

そうした場合、親会社の信用リスクを見て、与信判断をすることがある。

一般的な企業情報レポートでは、社名と住所ぐらいしかわからないが、CSのレポートでは、信用リスクを知ることができ利便性が高い。

また、コスト面でも、1社分の費用で系列会社全体のリスクを知ることができるという利点がある。

【PDF版】海外与信管理入門

当社代表・与信管理コンサルタントの牧野和彦の長年の与信管理ノウハウを詰め込んだ「海外与信管理入門書」を用意しました。

これだけは知っておきたい海外与信管理36のポイント

業界の第一人者であり、当社代表でもある牧野和彦が海外与信管理について、わかりやすく解説しています。

「既に海外取引を行っているが、与信管理が正しくできているか分からない」

「これから海外取引をはじめるにあたり、参考となるものが欲しい」

このようなお悩みをお持ちの方へ、本コンテンツをぜひご一読ください。

 

目次(一部抜粋)

  • 日本企業が陥りやすい海外取引の過ち
  • 海外与信管理では一般的な商習慣、信用照会
  • 海外取引先の分析~5C's of Credit~
  • 海外取引における危険な兆候
  • 外国人弁護士起用の注意点
  • 海外の取引先が倒産したら