Vol.6 海外取引先の支払いぶりを確認する銀行照会

海外与信管理入門

これだけは知っておきたい海外与信管理36のポイント

※PDFの提供は法人限定

Vol.6 海外取引先の支払いぶりを確認する銀行照会

海外の場合は取引銀行の違いによる垣根がほとんどない

日本と同じように、海外でも銀行に取引先の銀行との取引内容を照会するBank Reference(銀行照会)という商習慣がある。

日本と海外との違いは、メインバンク制がないことである。

 

日本の場合は、照会を行う上では、自社のメインバンクの支店の担当者などを通じて、取引先の支店の担当者を紹介してもらうことが多い。

全く取引のない銀行にいきなり電話をかけて、取引先の取引内容を教えてほしいと依頼しても、門前払いを食うだけである。

しかし、海外ではメインバンク制度がない故に、取引銀行の違いによる垣根がほとんどない。

 

もちろん、日本企業だからといって、差別されることもない。こうした意味では、日本企業ももっと積極的に銀行照会を活用すべきであろう。

そのためにも、前述のCredit Application(与信取引申請書)をうまく活用して、取引先から直接、取引銀行の担当者名や電話番号や電子メールなどを入手する工夫が必要になってくる。

 

照会する情報としては、借入の有無、借入金額、弁済遅延の有無や期間、担保や保証の有無などを聞くと良い。

もちろん、銀行も正確な金額を教えてくれるわけではない。

ある程度の金額の範囲や桁数を教えてくれるだけだ。それを元に、おおよその金額を推測することになる。

【PDF版】海外与信管理入門

当社代表・与信管理コンサルタントの牧野和彦の長年の与信管理ノウハウを詰め込んだ「海外与信管理入門書」を用意しました。

これだけは知っておきたい海外与信管理36のポイント

業界の第一人者であり、当社代表でもある牧野和彦が海外与信管理について、わかりやすく解説しています。

「既に海外取引を行っているが、与信管理が正しくできているか分からない」

「これから海外取引をはじめるにあたり、参考となるものが欲しい」

このようなお悩みをお持ちの方へ、本コンテンツをぜひご一読ください。

 

目次(一部抜粋)

  • 日本企業が陥りやすい海外取引の過ち
  • 海外与信管理では一般的な商習慣、信用照会
  • 海外取引先の分析~5C's of Credit~
  • 海外取引における危険な兆候
  • 外国人弁護士起用の注意点
  • 海外の取引先が倒産したら