Vol.7 債権回収における大きな違い、債権回収代行会社の存在(1)

海外与信管理入門

これだけは知っておきたい海外与信管理36のポイント

※PDFの提供は法人限定

Vol.7 債権回収における大きな違い、債権回収代行会社の存在(1)

Collection Agency(債権回収代行会社)

日本にはないが、海外では一般的なビジネスの代表格が、Collection Agency(債権回収代行会社、以下CAと略す)である。

債権者から債権回収の依頼を受けて、債務者と交渉をして回収するビジネスモデルである。

 

日本では、弁護士法の規制により、弁護士以外の第三者が債権回収を業として行うことは禁止されている。弁護士法の特例措置が、サービサーになるが、サービサーは貸付債権などの金融債権が中心で、一般の事業会社の売掛金は対象外となっている。

 

しかし、こうした法律や規制は世界的に見れば、日本独特ものであり、同様の法律がある国には少ない。

日本と法制度や金融システムが似ている韓国でも一大産業として成り立っている。

こうしたCAは全世界で3万社超あると言われている。欧米はもちろん、アジアや南米、ロシア、南アフリカにも存在する。株式市場で上場している会社も多い。

債権回収の代行と聞くと、強面の人間が威圧的な態度で脅かしながら回収する様をどうしても想像してしまうが、海外では普通のビジネスとして成立している。

 

★この内容をより詳しく知りたい方はこちらから⇒「海外では一般的。コレクション・エージェンシーとは

※「海外取引のはじめかたとリスク管理」に移動します。

【PDF版】海外与信管理入門

当社代表・与信管理コンサルタントの牧野和彦の長年の与信管理ノウハウを詰め込んだ「海外与信管理入門書」を用意しました。

これだけは知っておきたい海外与信管理36のポイント

業界の第一人者であり、当社代表でもある牧野和彦が海外与信管理について、わかりやすく解説しています。

「既に海外取引を行っているが、与信管理が正しくできているか分からない」

「これから海外取引をはじめるにあたり、参考となるものが欲しい」

このようなお悩みをお持ちの方へ、本コンテンツをぜひご一読ください。

 

目次(一部抜粋)

  • 日本企業が陥りやすい海外取引の過ち
  • 海外与信管理では一般的な商習慣、信用照会
  • 海外取引先の分析~5C's of Credit~
  • 海外取引における危険な兆候
  • 外国人弁護士起用の注意点
  • 海外の取引先が倒産したら