Vol.9 遅延債権と回収率の相関~90日遅延すると回収率は○割になる~

海外与信管理入門

これだけは知っておきたい海外与信管理36のポイント

※PDFの提供は法人限定

Vol.9 遅延債権と回収率の相関~90日遅延すると回収率は○割になる~

遅延期間が1年を経過すると、回収率は2割弱まで落ちてくる

遅延債権と回収率は反比例している。時間の経過とともに回収率は悪化する。

米国の債権回収代行会社の業界団体のデータによれば、90日遅延した時点での平均的な回収率は8割もない。

 

ここでいう回収率とは、件数に対するものではなく金額に対するものである。

つまり、1万ドルの債権があれば、8千ドルは回収できるということになる。

ところが、遅延期間が1年を経過すると、この比率は2割弱まで落ちてくる。同じ債権でも、2千ドル弱しか回収できなくなる。

早い時期に回収を行う必要性がお分かりいただけるはずだ。

 

実際、欧米の企業では、90日を一つの目安として売掛管理を行う企業が多い。

90日を経過した遅延債権は基本的に、自社での任意回収をやめて、債権回収代行会社などに回収を委託するのだ。

経験則からそのほうが、回収率が高いことを知っているからであり、自社の与信管理規定にそのように定めているからだ。

海外で遅延債権の回収を行う場合には、90日の考え方を日本企業も参考にするとよい。

【PDF版】海外与信管理入門

当社代表・与信管理コンサルタントの牧野和彦の長年の与信管理ノウハウを詰め込んだ「海外与信管理入門書」を用意しました。

これだけは知っておきたい海外与信管理36のポイント

業界の第一人者であり、当社代表でもある牧野和彦が海外与信管理について、わかりやすく解説しています。

「既に海外取引を行っているが、与信管理が正しくできているか分からない」

「これから海外取引をはじめるにあたり、参考となるものが欲しい」

このようなお悩みをお持ちの方へ、本コンテンツをぜひご一読ください。

 

目次(一部抜粋)

  • 日本企業が陥りやすい海外取引の過ち
  • 海外与信管理では一般的な商習慣、信用照会
  • 海外取引先の分析~5C's of Credit~
  • 海外取引における危険な兆候
  • 外国人弁護士起用の注意点
  • 海外の取引先が倒産したら