Vol.8 債権回収における大きな違い、債権回収代行会社の存在(2)

海外与信管理入門

これだけは知っておきたい海外与信管理36のポイント

※PDFの提供は法人限定

Vol.8 債権回収における大きな違い、債権回収代行会社の存在(2)

成功報酬(Contingent)は、料率にして15~40%ほど

CAのビジネスモデルは、基本的にContingentと呼ばれる成功報酬ベースである。

債権回収に成功して、手数料を請求する仕組みで、回収金額の15~40%程度が相場である。

保険料などとは比較にならないほどの結構な金額であるが、事前のリスクヘッジである保険に比べて、回収代行はトラブル処理だから致し方ない。

 

料率に幅があるのは、遅延期間や金額によって、回収の難易度に差があるためで、遅延期間が短いほど料率は低くなる傾向にある。一方、料率はシンプルに一本化しているCAもある。

また、成功報酬以外に小額の基本料金を委託時に請求するCAもある。月額50ドルや年額600ドル程度なので、管理費と考えれば納得できる。

 

いずれにせよ、それ以外には費用がかからない点が利便性の高さにもつながっている。

インターネットでCollection Agencyと検索すれば、たくさんの企業がリストアップされてくる。自社に合ったところを探してみるとよいだろう。

【PDF版】海外与信管理入門

当社代表・与信管理コンサルタントの牧野和彦の長年の与信管理ノウハウを詰め込んだ「海外与信管理入門書」を用意しました。

これだけは知っておきたい海外与信管理36のポイント

業界の第一人者であり、当社代表でもある牧野和彦が海外与信管理について、わかりやすく解説しています。

「既に海外取引を行っているが、与信管理が正しくできているか分からない」

「これから海外取引をはじめるにあたり、参考となるものが欲しい」

このようなお悩みをお持ちの方へ、本コンテンツをぜひご一読ください。

 

目次(一部抜粋)

  • 日本企業が陥りやすい海外取引の過ち
  • 海外与信管理では一般的な商習慣、信用照会
  • 海外取引先の分析~5C's of Credit~
  • 海外取引における危険な兆候
  • 外国人弁護士起用の注意点
  • 海外の取引先が倒産したら