Vol.4 与信取引申請書に記入ミスがあると海外取引ができない?

海外与信管理入門

これだけは知っておきたい海外与信管理36のポイント

※PDFの提供は法人限定

Vol.4 与信取引申請書に記入ミスがあると海外取引ができない?

営業パーソンが記入する日本

与信取引申請書は英語で、Credit Applicationという。

日本では、金融機関などは顧客に記入させてこれを提出させる。

つまり、融資申込書も兼ねていることが多い。

それに対して、事業会社では、顧客が直接記入するよりは、営業担当者が代わりに記入する形式を取り、社内的な稟議書であることが多い。

 

顧客に記入させる欧米

欧米では事業会社であっても、顧客に記入させることが多い。

また、記入漏れなどがあれば、審査しないなど、与信取引申請書の取り扱いが厳密である。

 

商習慣の違いといってしまえば、それまでだが、与信に関する日本と欧米の意識の違いがあると私は考えている。

Credit Application とは、Customer applies credit.(顧客が信用取引を申請する)という発想からきている。

申請されたCreditは、審査されてApprove(承認)またはRefuse(否認)される。

 

取引を間接融資として捉えキャッシュフローへ活かす

つまり、事業会社が行う信用取引は、間接融資の一種であるという意識が強いのだ。

後払いを認めることにより、顧客は運転資金の工面が不要になる。銀行からの借り入れが減り、利息の負担も減少する。

だからこそ、事業会社であっても信用を与えるとは、お金を間接的に貸していることと同じだと考えるわけである。

このあたりの意識は、商習慣を超えて日本企業も見習いたいところである。

 

★この内容をより詳しく知りたい方はこちらから⇒ 「取引先を審査~与信取引申請書を作成しよう」
※「海外取引のはじめかたとリスク管理」に移動します。

【PDF版】海外与信管理入門

当社代表・与信管理コンサルタントの牧野和彦の長年の与信管理ノウハウを詰め込んだ「海外与信管理入門書」を用意しました。

これだけは知っておきたい海外与信管理36のポイント

業界の第一人者であり、当社代表でもある牧野和彦が海外与信管理について、わかりやすく解説しています。

「既に海外取引を行っているが、与信管理が正しくできているか分からない」

「これから海外取引をはじめるにあたり、参考となるものが欲しい」

このようなお悩みをお持ちの方へ、本コンテンツをぜひご一読ください。

 

目次(一部抜粋)

  • 日本企業が陥りやすい海外取引の過ち
  • 海外与信管理では一般的な商習慣、信用照会
  • 海外取引先の分析~5C's of Credit~
  • 海外取引における危険な兆候
  • 外国人弁護士起用の注意点
  • 海外の取引先が倒産したら